あなたは知ってた?歯痛の歴史

虫歯治療と審美歯科

虫歯とは、口の中のばい菌によって作られます。
原因の1番に考えられるのが歯垢が溜まることです。
この症状は、未成年がなりやすい症状です。
正式名は、「う蝕」といいます。
虫歯のメジャーな治療は、虫歯になっている歯にしっかりと麻酔をしてから、虫歯になっている部分を丁寧に削ります。
そして、削った箇所にさまざまな詰め物をします。
白い歯や綺麗な歯並びは、みんなを笑顔にしてくれて、より一層魅力が増します。
ホワイトニングには、病院で治療する「オフィスホワイトニング」や自宅で治療する「ホームホワイトニング」などがあり、病院治療と自宅治療を兼用して行われているのが「デュアルホワイトニング」です。
詳しく知りたい方は、お近くの病院に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

その他の治療

インプラントとは、虫歯や歯周病でなくなってしまった歯の代わりに、人工でつくられた歯を入れて治療する方法です。
歯がなくなってしまった箇所に、顎の骨を外科手術で人工歯根を埋めいれ、それを土台に人工でできた歯をつけます。
顎の骨を土台にしているので、天然の歯と同じ様に、固い食べ物でもちゃんと噛むことが出来ます。
歯周病は、自覚症状に気付きずらい慢性疾患なので、歯周病を放置して進行が進んでしまう可能性が高い病です。
長期間、病院に通ってない人は、歯周病のチェックしてもらう事をおすすめします。
顎関節症は、20から30代の女性に多く見られ、悪化すると頭痛や耳鳴りをおこします。
なので、歯がなくなった場所には入れ歯を入れて、歯の役割を補います。


この記事をシェアする
TOPへ戻る