インプラント治療のメリットとデメリットは?

メリット

歯をなくなった際の治療方法の1つがインプラント治療です。
インプラント治療のメリットは、「自分自身の健康の歯を守り入れ歯をつけている時よりも能力に優れている」ということです。
インプラントは1つ1つを丁寧に埋め入れます。
なので、ブリッチみたいに近くにある歯を傷つけたり、健康な歯にあまり負担がかかることはないでしょう。
自分自身の健康な歯と同じ様に噛む力があり、自分の歯と同じ感覚で噛むことが出来ます。
この治療方法では、他の歯に負担をかける可能性は低いです。
他にも、歯が痩せてくのが防止され、見た目が良く見える歯が装着できたりするメリットがあります。
治療方法などの詳しいことは、各医療機関に相談してみる事をおすすめします。

デメリット

インプラントの治療には保険が適用されません。
支払い方によって、1度の負担を減らすことが出来ます。
保険が適用されるブリッチや入れ歯に比べると、費用は高くなってしまいます。
インプラントの治療は顎の骨にインプラントを入れる手術を受けなければなりません。
ブリッチや入れ歯よりも体に負担が凄いかかるため重度の疾患を患っている患者さんには、治療を断られることもあります。
治療にかかる期間は、4ヶ月から5ヶ月ほどです。
入れたインプラントと骨がちゃんとくっつくまでに、期間が必要となります。
そのため治療期間が短くはありません。
術後は、インプラントを長持ちさせる為に適切なメンテナンスが必要です。
定期的に各医療機関に受診して、専門的なケアとチェックをしてもらわなければいけません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る