自分の歯を残す治療をしたいあなたへ

自分の歯を残す歯科治療をするのはなぜ?

できるだけ自分の歯を残すための治療をする理由は、いくら高級な人工で出来た歯を使用しても、自分の歯の様に快適さを感じることはできません。
さらに歯を抜いてしてしまうと、入れ歯やインプラントで歯を補なっていかなければなりません。
なので治療への負担がとても大きくなります。
根管の治療がちゃんと終わっていなかったり、新しい感染や傷が出来た場合、また治療が必要です。
ですが、現時点の治療技術があれば、90パーセントを上回る確率で歯を助ける事ができます。
根官治療の考え方からすると、「歯を抜く」は、凄く稀な事です。
結果として、「歯を残す」というのが、どのくらい大切なのか、また、自分の歯が健康であることの重要さを自分の歯が教えてくれます。

歯周病予防方法

歯周病は自覚症状が感じにくい病です。
ですが、初期の状態で症状が必ずないとは限りません。
歯茎に少し腫れが出来てることがあります。
健康の歯茎は引き締まっていてピンク色になっていますが、炎症を起こしている場合赤く腫れています。
あとは、軽度の症状で口臭や口の中のねばつきを感じたりします。
歯磨きで歯垢を取り除くのも歯周病の基本です。
歯周病のケアに向いた歯ブラシが今では出てきてます。
普通の歯ブラシとケアに適した歯ブラシを選ぶのとでは、効果が変わってきます。
他にも考えられる予防方法は、間食をひかえる事です
甘い物は歯にくっつきやすいので、歯垢な原因になります。
食べ物や飲み物の食べすぎや飲みすぎに注意しましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る